勝川ファミリークリニック 外来診療(内科)

外来診療(内科疾患)


Disease and treatment

主な内科疾患と治療

高血圧について

高血圧は、ふだんは症状が出ないのが特徴です。高血圧を放置しておくと心筋梗塞や脳梗塞、腎臓病などになる危険性があり、症状が出るのはこれらの疾患が悪化してからです。このため高血圧は、サイレンとキラーと呼ばれることもあります。

高血圧の定義

高血圧は上の血圧(収縮期血圧)ガ140mmHg以上、または下の血圧(収縮期血圧)ガ90mmHg以上と定義されています。
理想的な血圧は120/80mmHg未満とされ、その120-139/80-89mmHgは境界域とされ、高血圧と診断されないものの、将来高血圧になる可能性があり、生活習慣に気をつけてほしい値です。

高血圧の原因

90%以上の人が原因のはっきりしない本態性抗血圧という高血圧で、遺伝や肥満、塩分摂取過剰などさまざまな要因が合わさって起こると言われています。残り10%は二次性高血圧と言われ、高血圧の原因となるほかの病気が隠れているもので、若い人に多いと言われています。

高血圧の頻度

高血圧の患者さんはもっとも多く、日本で4300万人いると推定されています。その中で実際に診療を受けている人は900万人といわれています。

高血圧の診断

実際は血圧が高くないのに医療機関で緊張して血圧が上がってしまい、高血圧の定義に引っかかってしまう方も少なくなりません。したがって高血圧と診断するためには、時間と場所を変えて何回も血圧を測ることが重要です。
一方で血圧がかなり高い(180/110mmHg以上)場合は、高血圧の影響でいろんな臓器に障害が出ている場合は、高血圧の診断で早期に治療を開始することもあります。

高血圧の治療

まずは生活習慣の改善が大切です。以下の改善がお勧めされています。
● 塩分を減らす
● 肥満の人は体重を減らす
● アルコールを飲みすぎない
● 禁煙する
● 1日少なくても30分は運動する
生活習慣を改善しても血圧が140/90mmHg 未満に下がらない場合、血圧を下げる薬(降圧剤)を考慮します。降圧剤はいくつかの種類があり、それぞれ異なった特徴を持っているので、これらを組み合わせて使うことが多いです。