勝川ファミリークリニック 外来診療(内科)

外来診療(内科疾患)


Disease and treatment

主な内科疾患と治療

糖尿病について

私たちの体の細胞は糖分を栄養として活動しています。細胞が糖分を取り込むのに必要なホルモンが「インスリン」といわれるホルモンで、何らかの原因でインスリンの出が悪くなったり、効きが悪くなったりすると、血糖が上昇し、糖尿病を発症します。

糖尿病の種類

糖尿病には2種類のタイプがあります。もっとも多いのが2型糖尿病で、日本では95%以上の人がこのタイプになります。1型糖尿病は、インスリンがほとんど出ない糖尿病で、インスリンによる治療が必要になります。2型糖尿病では、インスリンの出が悪い、または効きが悪くなっている状態です。

糖尿病の原因

糖尿病のはっきりとした原因はわかっていませんが、遺伝要因に加え、過食、肥満、運動不足、ストレスなどの誘因が大きく関わっていると言われています。

糖尿病の症状

糖尿病は通常、ほとんど症状が出ません。ひどくなってくると、頻回に尿が出たり、のどの渇きがひどくなったり、目がかすんだりします。

糖尿病の合併症

糖尿病は症状がないから放置しておいてもよいということはありません。無治療のままだとさまざまな怖い合併症をきたすことがあるからです。
以下に合併症を示します。
● 心筋梗塞
● 脳梗塞
● 腎不全(透析が必要になることも)
● 視力障害(最悪の場合、失明)
● 手足の感覚障害
● 手足指の壊死(最悪の場合、切断)

糖尿病の治療

運動する、体重を減らす、理想的なカロリー摂取を心がける、禁煙することが重要です。それでも血糖コントロールが悪い場合は、薬物療法が考慮されます。
飲み薬は、インスリンの出をよくする薬や、効きをよくする薬が用いられます。単に糖尿病の治療をするだけではなく、血圧が高い場合は降圧剤が、コレステロールが高い場合は、コレステロールの薬が出ることもあります。そうすることで心筋梗塞や脳梗塞などの合併症を減らすことができます。

糖尿病の予防

糖尿病の予防でもっとも重要なことは体重管理です。すでに糖尿病と診断されている人でも、体重を減らすだけで血糖コントロールは良好になることもあります。
定期的に運動することも、血糖コントロールを改善してくれます。