勝川ファミリークリニック 外来診療(内科)

外来診療(内科疾患)


Disease and treatment

主な内科疾患と治療

肺炎について

肺炎はどの年齢でも起こりえますが、もっとも影響を受けやすいのが小さな子どもと65歳以上の高齢者、抵抗力の落ちる慢性疾患を持っている人たちです。

注意すべき人たち

以下の人たちは肺炎のリスクが高く、注意が必要です。
● 65歳以上の高齢者
● 喫煙者
● 呼吸器疾患(喘息、慢性閉塞性肺疾患など)を持っている人
● 慢性疾患(糖尿病、心臓病など)を持っている人
● 痰を出すづらい状態の人(脳梗塞後遺症、アルコール多飲、寝たきりなど)

肺炎の原因

肺炎はさまざまな細菌やウイルスが引き起こします。もっとも多いのが、肺炎球菌と呼ばれる細菌で、日本でも65歳以上の人を対象に予防接種が行われています。
他にインフルエンザ桿菌、マイコプラズマ、肺炎クラミドフィラなどがあります。ウイルスでも肺炎を起こすことがあります。有名なのがインフルエンザウイルスで、ほかにヒトメタニューモ、RSウイルス、アデノウイルスなどがあります。

肺炎の症状

悪寒を伴った発熱や咳、痰、息切れ、胸痛などがあります。高齢者の場合、肺炎でも高熱が出ないことがあるので、注意が必要です。

肺炎の診断

肺炎はこれまでの経過や身体所見などからおよそ診断できますが、胸部レントゲンで確定診断を行います。
またどのような細菌が悪さをしているのか、痰の検査を行ったり、血液検査や尿検査を行うこともあります。

肺炎の治療

肺炎の治療に抗生剤が用いられます。たいていの場合、抗生剤の内服をしながら家庭で経過をみることができます。しかし、呼吸状態がよくなかったり、肺炎をこじらせる可能性もある人は、入院して抗生剤の点滴で治療を行うこともあります。

肺炎の予防

肺炎球菌ワクチンの接種がもっとも効果的な予防法です。ただし肺炎球菌以外の肺炎には効果がなく、ワクチンの効果も5年なので5年後に再接種を行う必要があります。
またインフルエンザシーズンまでにインフルエンザワクチンを打っておくことも重要です。
禁煙する、糖尿病や喘息、心臓病などの管理をしっかり行うことも肺炎の予防につながります。