勝川ファミリークリニック 外来診療(内科疾患)

外来診療(内科疾患)


Disease and treatment

主な内科疾患と治療

風邪とは

風邪はもっともありふれた病気で、医学的には急性上気道炎と言います。ほとんどが自然に治ってしまいますが、それでも当院を受診する患者さんで最も多いのが風邪です。

風邪の原因

風邪はさまざまな風邪のウイルスが引き起こします。その数は何百種類と言われています。
その中でもっとも多いのがRhino(リノ)ウイルスによるもので、リノウイルスも100種類以上あると言われています。風邪にかかると免疫ができるものの、このように何百種類の風邪のウイルスが存在するため、また別の風邪を引いてしまうというのはよくあることです。大人で年に2-3回、子どもだと年に10回くらい風邪をひくといわれています。

風邪はどのようにしてうつるのか

ほとんどの風邪のウイルスは、飛まつ感染といって、患者さんの咳やくしゃみなどで飛んだウイルスを吸い込むことで感染します。また患者さんの手にもウイルスが付着しているので、その手が触ったもの(ドアノブなど)を触って、その手で目や鼻、口などを触ると感染します。
したがって、風邪を引いた人はマスクをして周りに飛ばさない、周りの人はしっかり手洗いをすることが、風邪の予防につながります。

風邪の症状は

風邪は典型的には、鼻水、鼻づまり、くしゃみから始まり、のどの痛みや咳が加わることがあります。

風邪の合併症

ほとんどの風邪は1週間程度で自然に治りますが、人によっては鼻水、鼻づまりや咳の症状が数週間続くことがあります。
一方で、風邪をきっかけに一時的に抵抗力が下がり、他の風邪のウイルスや細菌による二次感染を起こすことがあります。
よくあるのが副鼻腔炎ですが、これもほとんどが風邪のウイルスによるもので、細菌によるものはまれ(2%未満)とされています。中耳炎や気管支炎や肺炎、中耳炎などの合併症もまれですが、起こることがあります。

風邪の治療

風邪に特効薬はなく、主に症状を和らげる治療が中心となります。風邪に抗生剤は効果がありません。それだけでなく、下痢や胃腸症状、アレルギー反応などの副作用を起こす可能性があります。

風邪の予防

手洗いがもっとも効果的な予防法です。石鹸を使い、20-30秒しっかり手を洗いましょう。
アルコール消毒も効果的です。何か食べたり飲んだりする前にしっかり手を洗うことが重要です。